スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-)

少人数でアーチオメガ挑戦!

 こんにちわっ!
 ヴァナフェスでの熱気も冷め、いつものヴァナ・ディールが戻ってきた感じです。
 今週ようやく私達もアーチオメガ(プロトオメガの強い方)に初挑戦してきましたので、感想を書いてみたいと思います!バージョンアップからもう3週間ぐらいたっているので、すでにアーチオメガに挑戦されている方、勝つことができた方も結構いらっしゃるみたいですね。でも、少人数(1パーティ程度)で勝てた方はまだそんなにはいないみたいなので、これから少人数挑戦される方の参考に少しでもなればよいな~っと思って挑戦してみたのですが・・・先にネタバレしてしまうと、今回も初挑戦は負けてしまいました・・・。そうです、また負け日記です・・・(-_-;) で、でもね、ヘタな人の記事のが参考になるんだからねっ!

Arch-Omega_1.png
 古銭150枚の出費はかなり大きいし、大人数での挑戦のが勝率上がるのもわかってはいたのですが、やっぱしできる限りは少人数で挑戦したいというポリシーもあるので、今回もあえて6名で挑戦してみました!少人数でクリアできれば、その分みんなに報酬を渡せる確立も上がりますしね!(負けたらry)
 リンバスLSなどにも所属したこともなく、たまにフレ同士の集まり程度にしか75時代の強い時の旧オメガには挑戦したことがなかったので、ホンキで強いオメガに自分で作戦考えて挑戦するのは今回が初めてだったりします。

 2012/07/19更新:アーチオメガ2戦目の感想を追記!
 2012/11/29更新:最近のアーチオメガ!

 続きは折り畳みです!
 ↓↓↓
 アーチオメガ、初挑戦でのパーティ構成は、ナ忍暗白赤召の6名にしてみました!私はナイトで、先日完成したオハンもこの日が初運用になります!でもオハンナイトがいる時点で、参考にできる方も少なくなっちゃうかもなのですが・・・せっかくみんなに協力してもらって完成することができたオハンなので、初お披露目したかったのもあったし、少人数攻略なのであまり手段を選べる状況でもないので、オハンナイトを選ばせてもらいました。以前、フォーラムの開発者投稿の方で「オハン等なくても勝つことができる!」っという話を聞いていたのですが、はたして難易度はどんな感じでしょうか。

 事前にフレが7名でクリアできたという情報や、wiki等での情報を頼りに新オメガの特徴を簡単に整理してみるとこんな感じです。

 ● 基本的な行動はプロトオメガとあまり変わらない。
 ● 最初座りモード、役4割削ると立ちモード、約8割削ると中腰モードになる。
 ● 座りモード時、精霊等の属性攻撃以外だと全然削れない。
 ● ポッドをたまに召喚することがあり、倒さずに30秒放置すると自爆し、直撃すると致命傷になる。
 ● 常時2回攻撃、特殊技も2回セットで使用する。

 ※ なにか間違いがありましたらごめんなさい。

 旧オメガの仕様を理解していない方だとよく分からない説明だと思うのですが、理解されてない方、忘れちゃっている方は用語辞典の方に分かりやすく載っていますので確認してみてください。モードチェンジが以前のオメガだと、時間経過(2分ぐらい)で変化していたみたいなのですが、アーチオメガではどうやら削り具合で変化するみたいです。座りモード時は物理攻撃ではまったく削れないみたいで、しかも4割削らないとモードチェンジもしないので、属性攻撃等でキチンと対策をとる必要があるみたいです。「黒だと攻撃力が強すぎて、ターゲットいっぱい取っちゃうと思うから厳しいと思う」っというフレのアドバイスがあったので、今回は暗黒と召喚士で対応してみることにしました。座りモード時はトワイライトサイズと魔法系履行ですね!
 召喚されるポッドの対応の方は、忍者さんにお願いしました。基本はオメガ殴ってちょこちょこ削ってもらって、ポッドが召喚されたらすぐに挑発。自爆されても大丈夫なように、身替の術で対応してもらうようにしました。

 あとは実際に挑戦してみてのお楽しみということで、もちろん勝つ気満々でのりこみました!!結果はry

Arch-Omega_2.jpg
 初めてのオハンでの盾役だったのですが・・・オハンやっぱしすごいですね!魔法詠唱中断がまったくされないので、ケアルやりたい放題です('∇') 
 前半の座りモード時はやっぱし評判どおりの固さで、なかなか削れず苦労しました。ダメージで説明すると、ロイエ400前後、トワイライトサイズ1発100前後、魔法系履行1000前後ぐらいだった感じでしょうか。ナイトの私はエンライトとロイエで必死にちょこちょこ削りつつ、ターゲット維持をがんばりました。あと、オメガの回避が異常に高くて、忍者、暗黒の攻撃がスッカスカ状態だったみたいです・・・。アーチオメガではスシじゃないと厳しいみたいですので注意しましょう!座りモード時の感想はそれぐらいで、あとは特別難しい戦闘もなく、12分程度でモードチェンジまで削ることができました。

Arch-Omega_3.jpg
 立ちモードになると、タルタルの視点だとオメガが全部写るようにSS撮れない・・・(泣)

 立ちモードになってからは物理攻撃が通るようになって、削りやすくなると思っていたのですが・・・ここからが鬼のように戦闘たいへんでした・・・。具体的にどんな感じだったか、まとめてお伝えすると。

  オメガのTPのたまりがかなり早く、技の頻度が多め。
  範囲攻撃の範囲がかなり広い。(旧オメガと同じみたいです。)
  技の頻度が多くなるので状態異常の対応がかなりたいへん。麻痺、静寂、バインド、ヘヴィ等。
  旧オメガでは最終モード時にしか使用しない技を使用?(コロッサルブロー等)

 立ちモードになってからが、とにかくたいへんでした・・・。オメガの技の頻度が多いこと多いこと。しかも立ちモードからレーザーシャワー(範囲魔法ダメージ)やコロッサルブロー(ヘイトリセット瀕死ダメージ)を使用するという情報は知らなかったのでビックリしました・・・。旧オメガでは、この2つの技は中腰モード時(最終モード)にしか使わないのですが、新オメガでは立ちモードからガンガン使ってくる様です・・・。しかも特殊技は2回セットでの使用なので、かなり凶悪でした。他にもオメガは範囲攻撃が多く、しかも範囲攻撃の届く範囲もかなり広かったのですが、こちらは旧オメガも同様の仕様だったみたいです。旧オメガに慣れてるほどいっぱい挑戦していたメンバーも少なかったので、立ち回りを理解していなくて範囲攻撃で回復追いつかず何名か死んでしまった感じです。結局、メインアタッカーの暗黒が死んだ時点で削りが追いつかず、残り3割という所までは削れたのですが時間切れになってしまいました・・・ざんねん(´Д⊂ たまには初挑戦・初勝利したかった・・・。

 私の視点(ナイト)からの感想も言いますと、とにかくターゲット維持が厳しかったです・・・。コロッサルブローの頻度も多く、ヘイトリセットのためターゲットがヒーラーにいったりと、ターゲット維持が非常にたいへんでした。回復自体はオハンがあれば、ナイトの自己回復だけでも十分おいつく感じなのですが、状態異常が多い(麻痺、静寂、バインド、ヘヴィ)のもたいへんでした。フレが7名でクリアできた時のパーティ構成に、ナイトが2名いたのもやってみて初めて理由がわかりましたっ。

 今回は負けてしまいましたが、実際に挑戦してみないと感覚というのわかりづらいもので、このアーチオメガももう1度挑戦すれば勝てそうという感覚はみんな共感できた感じです。でも、パーティ構成は、安全にやるなら召喚士多めのが楽そうなイメージでした。召喚士は魔法、物理、両方に対応できるし、範囲攻撃が強力でも、召喚獣が何回死んでも呼びなおせばよいだけですしねっ。あとは、範囲攻撃が広いので、履行するタイミングに召喚士本体がダメージくらわないようにナイトが指示できれば勝率かなり上がりそうです(履行しに前きた時に召喚士が大ダメージくらってたので)。次回やる時のパーティ構成は、ナ召召召召赤などが良さそうかなぁという感じでした。

 みんなのスケジュールを合わすのがたいへんで、次回いつアーチオメガにまた挑戦できるのかわからないのですが・・・リベンジできたら追記したいと思います!





お・ま・け
 メインはアーチオメガの記事なのですが、おまけとしてプロトオメガ(旧オメガ)の獣使いソロでの挑戦方法を紹介したいと思います!チップもあまっていたし、旧オメガの装備も全て持ってはいなかったので、思いつきで旧オメガに獣ソロで乗り込んでみたのですが、かなり簡単に勝利することができました!旧オメガにソロ挑戦されている方も結構いらっしゃるみたいなのですが、獣ソロはあんまり聞かない感じがしたので、参考にしてみて頂けると嬉しいです。

ジョブ:獣/白
ペット:ユリィ
用意する物:汁、ペットゼータ、アルタナムルスム7個程度

Proto-Omega_4.png
 今回、ペットはユリィにしてみました。回避が高く被弾も少なくなると思うので、オメガの技の頻度を減らすのが狙いです。(でも結構簡単に勝利できたので、ユリィ以外でも平気かも)

 旧オメガは座りモード、立ちモードを交互に約2分置きにモードチェンジします。座りモード時は全然削れないので、モードチェンジまで地道に削りましょう。座りモード、立ちモード両方とも特に危険なことも少ないので、
ペットと共闘でも大丈夫な感じです。ただパイルピッチ(瀕死ダメージ/ヘイトリセット)だけユリィがくらったら、すぐペットゼータで回復できるように警戒しましょう。リアレーザー等でユリィが石化することもありますが、10秒ぐらいで治るので問題ありません。途中ポッドも召喚されますが、瞬殺できます!

 ※ポッドからチップを得られる可能性があるので、BF突入時にチップは忘れずに破棄しておきましょう。

Proto-Omega_5.png
 プロトオメガのHP残り2割になると中腰モード(最終モード)になるのですが、ココからはユリィのみに戦闘はまかしちゃったほうがよいと思います。ヘタに獣使い本体がなぐってヘイトリセットの技をユリィがくらうと、本体がターゲットとりすぎちゃう危険もあるので。最終モードで使うレーザーシャワーは850程度ユリィがダメージ受けるので、ユリィのHP30~40%以上は必ずあるようにキープしましょう。コロッサルブロー(瀕死/ヘイトリセット)は頻度も多く、とてもペットゼータだけでは回復間に合わないので、くらったらすぐにアルタナムルスムを使用して回復しましょう。上で7個程度用意したほうが良いと書きましたが、私の時は5個で済みました。他は特に難しいこともなく戦闘できると思います!

Proto-Omega_6.png
 クリアタイムは約10分!かなりお手軽に勝利することができました!今後、ホマムの打ち直しを考えていて、まだ旧ホマムを持っていない方がいましたら、ソロ挑戦も比較的簡単にできるのでおすすめです!












-- 2012/07/19追記 --
 こんにちわっ!
 アーチオメガ第2戦に行ってきましたので感想を書いてみたいと思います!
 今週はフレのイン率が厳しかったので、どうしようかすっごく迷ったのですが・・・野良で3人募集して半固定で挑戦してみることにしました!(最近シャウトいっぱいしすぎかな・・・できればこっそりしたいけど・・・。)まだクリアしたこともなく、あまりためされてないパーティ構成での挑戦だったので、正直すっごく不安だったのですが・・・そこは「負けても怒らない人!」っということで募集させてもらいました(・_・;) でも、やるからには負けるつもりはまったくありませんっ!

Proto-Omega_7.jpg
 パーティ構成は前回の感想通り、召喚多めの「召召召召赤+ナ白」にしてみました。オハンナイトでターゲット維持がんばりつつ、召喚の履行メインで削る方法です。今回各メンバーに指示した作戦はこんな感じになります。

== 召喚士 ==
 座りモードは魔法系履行、立ちモードは物理系履行、中腰モードは通りが良い方の履行で削ってもらうようにお願いしました。召喚獣はぶつけっぱなしにしてもらいました。オメガのハイパーパルスやレーザーシャワーなど、範囲がすごく広い特殊技が多いので(こちらの魔法が届く距離でもくらうかも)、履行するタイミングは私が指示しました。アーチオメガは特殊技二回セットなので、2回目の技が終わるたびに「@@」で報告して、その合図を頼りに履行しに前にきてもらいました。(履行時以外はかなり遠くで待機!)

== 召喚2名 ==
 2名はポッド対策として、ポッドが召喚されたら召喚獣をポッドにぶつけて30秒やりすごしてもらう様お願いしました。

== 赤 ==
 赤は召喚士へのリフレ回しと、弱体魔法がメインです。オメガはヘイトリセットの技が多いため、オメガのヘイト乗る位置でのケアルは自重してもらいました。

== 白(サポ赤) ==
 基本はパラナ、サイレナ、イレースの状態異常回復のみを担当してもらい、余裕があればヘイスト、リフレ、リジェネもお願いしました。ケアルは赤同様なるべくヘイトを上げたくないので、オハンナイトなら自己ケアルでも十分間に合うので自重気味でお願いしました。

Proto-Omega_8.jpg
 2回目のアーチオメガ挑戦!オメガはヘイトリセットの技が多いためターゲット維持がたいへんなのですが、召喚獣にターゲットいくことがちょこっとあったぐらいで、今回はほぼターゲット維持できてたと思います!白さんの早い状態異常回復のおかげかも!あと、ナイトの削りもかなり重要になってくると思うので、攻撃の方もがんばりました!私のレクイエスカットの装備が微妙なのか、座りモード時はロイエのがダメージのびるような気がします(ロイエだと750キャップに届くので良い感じ)。立ちモードになってからはアルマスに持ち替えて、シャンデのが強いですね。あとオメガの特殊技「フラッドライト」のフラッシュの効果が地味に長く、シャンデの威力がかなり落ちてしまうように感じたので、早め早めの報告でイレースをお願いしました。

 フラッシュライト:範囲魔法ダメージ+静寂+暗闇+フラッシュ

Proto-Omega_9.jpg
 順調に削ることができて、はじめての中腰モードに(最終モード)!立ちモードから怖い技連打してくるので、中腰モードと立ちモードの違いがよくわからなかったかも。今回召喚獣メインでの削り作戦だったのですが、召喚削り、思ったよりダメージ稼ぐの厳しかったみたいです。特に立ちモードからは物理履行メインで削るのですが、オメガの回避が高くて当たらないこともしばしばあったみたい。召喚獣がフラッドライトくらった後に履行したのがいけなかったのかなぁ・・・でも履行のたびに召喚獣ひっこめるとヘイトリセット時が怖いので難しいところです。ちなみに中腰モードは、魔法系履行より物理系履行のがダメージの伸びがよかったみたいで、毎回1000前後のダメージは出てたみたいです。

Proto-Omega_10.png
 残り30秒!!!超ギリギリでのクリアとなりました!!!
 心臓バクバクです・・・最近ナイズルでもギリギリでアウトになるような展開多いので、クリアできなかったら泣いてたかも・・・クリアできて一安心(´▽`) ホッ ちなみに最後の方、アスフロで押して!ってフレにお願いしたら・・・300ダメージだったみたいw今回飛び入り参加してくれた方はありがとうございました!でも、超ギリギリな作戦すぎてごめんなさいw
 召喚パーティ、削りはギリギリでしたがとても戦闘は安定してて良い感じでした。次回も召喚パーティでやるとしたら、ちょこちょこ反省点見直せばもうちょっとクリアタイム良くなるかもだけど・・・できればもう1名ぐらい人数欲しかったです。他にも攻略しやすいパーティ構成があると良いのですが・・・現時点だと新オメガへの少人数挑戦は、オハンナイトなしだとかなり厳しい感じだと思います・・・。












-- 2012/11/29追記 --

Arch-Omega_4.png
 新オメガなのですが、実はまだまだちょこちょこ通っています!最初は、召喚士入れたりしてぐだぐだがんばっていた新オメガ戦なのですが、最近は、ナ暗暗白白学で20分前ぐらいに安定して倒せています!

 最近の、みんなの主な仕事内容を簡単に紹介するとこんな感じです。

-- ナイト --
 メイン盾、ケアルしつつ削り。ヘイトリセットが多いので、ターゲット取り戻すことに専念。

-- 暗黒1 --
 座りモードはトワイライトサイズ。立ちモードはレゾルーションで削り専念。

-- 暗黒2 --
 座りモードはトワイライトサイズで削り。立ちモードになったら遠くで離れて待機して、ポッドが出たら挑発してマラソン。暗黒1が死んだ場合のみ、後半戦も殴りに参加。

-- 白(サポ赤) --
 オメガの標的識別が来たらサクリファイス>ディスペルで対応。あとは、ケアルと状態異常の回復に専念。

-- 学 --
 リフレ・ヘイストを令狸で。あとはオーラ・リジェネ。オーラ後は本を出して時間ストップ。12分後ぐらいにオーラの重ねがけをし、その後は適当に前衛フォロー。(でも・・・もうすぐオーラ弱体ですね・・・。オーラなくても勝てるとは思うのですが。)

EnifManopolas.png
 私も新オメガ手の装備を頂きました!ナイトでは敵対心と削りはかなり気にしているので、この装備は結構良さそうに感じます!他にも胴なども出て、フレが持ち帰ってました!






Toねこさん
 いつもコメントありがとうニャ!
 ギリギリすぎてあまりおすすめできるパーティ構成ではなかったかもなのだけど、いちよ勝利することができてよかったですっ!アーチオメガは"ナ暗+4名"ぐらいの構成でもクリアされている方もちょこちょこいらっしゃるみたいです。うちも召喚パーティ以外にも、普通構成でも勝てるように勉強してみたいのですが・・・負けると古銭150枚ロストがかなり痛いので頭を悩ませるところです・・・/(-_-)\
スポンサーサイト
[ 2012/07/08 00:30 ] コメント(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/07/24 01:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。