スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] コメント(-)

初めての水晶の龍!

 こんばんわ!
 今回は今ヴァナ・ディールで今一番旬で、多い話題だと思います。水晶龍戦を初挑戦・初主催してきましたので感想を書いてみたいと思います!でも、結果から先お伝えすると、敗戦しました・・・。なので負け日記になります・・・。
 最初、記事にしようか迷ったのですが、私の場合、文章でまとめた方が頭の整理が付きやすいし、今後に活かせると思うので・・・面倒ではありますが、記事書いてみました。敗戦記事は何度か書いてはいるのですが・・・いつも始末書記事、いいわけ日記という感じで・・・なんか気が引けるのですよね・・・。でも、負けた記事もこれから挑戦する方の参考にもなるとは思うので・・・みなさんが勝てることを祈っております・・・。

ProvenanceWatcher_1.jpg
 VW最後の大ボス・水晶ドラゴン戦です!神BGMが流れるのですが・・・曲聴いてる余裕なんてまったくありません(・_・;)曲を聴きたい方はこちらから。水晶龍強すぎです・・・。

 2012/04/23更新:水晶龍2戦目を追記。
 2012/05/19更新:水晶龍3戦目を追記。

 続きは折り畳みになります。
 ↓↓↓
 今回はなにをちまよったのか・・・無謀にも一番強い水晶龍戦を主催してみました・・・!!フレがいっぱいいる日で、みんなとエキサイトしたかったので、と言えば水晶龍しか思いつきませんでした!今思うとホント無謀にも無謀すぎですねっ!(でも、たまに無茶したくなる性格があるのでっ!)

 募集の方は、シャウトしようとしたら丁度2組ぐらいのシャウトとかぶってしまい・・・集まるのかなぁっと不安になりましたが、大量のテルを頂けてすぐメンバーをそろえることができました!やっぱし旬なコンテンツはすぐ集まるものですねっ。応募したのに参加できなかった方はホントごめんなさい・・・。初挑戦ですが、負けるつもりはまったくなく!事前に、かなり多くのブログを見させてもらって水晶龍戦の情報を大量に集めておきました!多くの方のブログを拝見させてもらって、負けた方も多いみたいですが、勝ってる方もそこそこいるのですよね。重要そうな5件ぐらいのサイト様をブックマークに入れさせてもらってすぐ見れるようにしておきました。ここでそのブログ様を紹介はいたしませんが、ありがとうございます・・・たぶんあなた様のブログです!

 パーティ構成は

  侍暗狩コ詩白 戦暗狩コ詩白 黒黒黒青忍私

 の18名にしてみました。私は、カトゥラエの時はナイトでキープ担当。水晶龍戦は赤で参加しました。パーティ構成はいろいろな方のブログでちょっとずつ違うのですが、基本似たような形の構成が多いと思います。あと、初挑戦の方が結構多く、7割ぐらいは初挑戦の人だったと思います。

Caturae-Radiance_1.jpg
 まずは水晶龍戦の前にカトゥラエBF3種「妖艶」「魅惑」「狂気」をクリアする必要があります。実は、この3種のBFで、重要なジェイドを多く入手できるため、これがメインの目的だったりします。水晶龍も負けるつもりはなかったのですが、勝てればラッキー程度に。

 基本はウィキにある通り、ナイト+白で1匹キープして(からまれ釣りでヘイトは乗せず、後ろむいてキープ)、他の人で、もう1匹をフルボッコという感じです。カトゥラエBFは簡単という話が多かったので、問題ないと思っていたのですが、2つ目のBF「魅惑」だけ少したいへんでした。弱点を順序よく付けれないと範囲攻撃が痛すぎですね・・・。3つ目のBF「狂気」は一番難しく、魅了がたいへんという話を聞いていたのですが、こちらはあっけなくすぐ終わってしまいました!魅了は1度もこず・・・弱点をテンポよく付けれる時は楽勝ですね!

Caturae-Radiance_2.jpg
 キープ役のナイトだったのですが、カトゥラエの攻撃結構痛いですね・・・。侠者がいっぱい貰える状況だと楽なのですが、弱点なかなか付けないとかなり痛いです。でも白1名がちゃんとついていれば死ぬ事はまずなさそうかな。今回のパーティ構成だと、メインパーティの白が1名だけになっちゃうので少し回復がたいへんそうでした。カトゥラエの時だけでも白3名にすると楽だったかなぁ。

Caturae-Radiance_3.jpg
 2章でフィルを倒した時、もう2度とカトゥラエと戦いたくない気持ちになったのですが・・・まさかまた戦うことになるとは・・・しかも6匹も(´Д⊂ 今回は楽勝だった「狂気」のBFなのですが、魅了技をくらうと伝染するみたいで、鬼ごっこを楽しめるそうです・・・ちょっと経験してみたかったw






 カトゥラエBF3種終わったら、本戦の水晶龍BF戦です!初挑戦の方も多かったので、かなーーり念入りに説明をして準備をしました。だいたいログ5ページ分ぐらいでしょうか・・・すべてタッチタイプで説明したのですが・・・たいへんだった・・・。説明マクロ用意すべきだったかなぁ。すべて説明して、至らぬ点、間違い、修正案があるようなら経験者の方にご教授願いました。今回説明した水晶龍BF戦の特徴と作戦を以下に書いてみます。すべて書こうとするとすごい膨大な量になってしまうので、なるべく要点だけまとめました。

ProvenanceWatcher_3.jpg
 ●30分制限・強化持込可能。水晶の龍「Provenance Watcher」1匹。
 ●HPゲージが見えなくなっています。
 ●前半戦と後半戦に分かれていて、水晶龍が翼を広げるとHP50%切った合図となり、後半戦突入になります。
 ●後半戦に入ると前半戦に付いた弱点はリセットされ、新たに弱点が付けれるようになるようです。後半まで弱点温存しておいても変更されてしまうため、前半で付けれる弱点はめいっぱい付けた方がよいそうです。


 いろいろな情報を調べて重要に感じた部分、2点を重点的に説明しました!

トラップの処理

 水晶龍は、魔法詠唱完了時にトラップ(罠)を召喚することがあります。このトラップは1つに付き、水晶龍の被ダメージカットを33%追加という効果を持っていて、最大3つ召喚することがあり、3つ召喚された場合は99%カットという状態になります。なので、トラップを素早く破壊する作業が重要になっているようです。

 トラップには8種類の色があり、それぞれに弱体効果と、破壊方法が異なります。

赤色属性:火ウォータで破壊
緑色属性:風ブリザドで破壊
紫色 (黒に近い色)属性:雷ストーンで破壊
白色 (水色に近い色)属性:光ウォータ、ブリザド、ストーンで破壊
青色属性:水物理攻撃で破壊
水色属性:氷物理攻撃で破壊
黄色属性:土物理攻撃で破壊
黒色属性:闇物理攻撃で破壊
 光属性のトラップは魔法でしか破壊できず、闇属性のトラップは物理攻撃でしか破壊できません。なので、素早く有効な攻撃を判断して破壊する必要があります。この対処が遅くれれば遅れるほど水晶龍本体の削りが遅くなり、戦闘が厳しくなります。あと、トラップは魔法詠唱完了時のみにポップするため、魔法をスタンで止めると出現しません。なので、魔法を止めたいのですが、スタン耐性が20回ぐらいで付いてしまうそうです。スタンは強力な技が多くなる後半戦に取っておきたいので、前半のトラップ処理はスタンなしでやることになります。

 トラップは、一番ヘイトが高い人の場所にポップするようです。トラップに弱体効果があり、特に闇罠の近くにいると死の宣告が発動して5秒で死んでしまいます・・・。闇罠が出た時はすぐ非難するようにしましょう。

ヘイト管理

 ヘイトが1番高いPCが水晶龍から離れていると、引き寄せられ、水晶龍が技発動しようとしたときにヘイトが1番高いPCが離れていると、全PCが引き寄せられるようです。なので、水晶龍から離れてるPC、つまり後衛や遠隔アタッカーのヘイト管理が重要になるようです。引き寄せられて強力な範囲攻撃を後衛がくらってしまうと、戦闘はたいへん厳しくなります。

<<各ジョブ・メンバーに指示した作戦>>

前衛アタッカー(暗侍戦)
 1弱点は無視、3と5弱点だけ狙ってもらい、あとは攻撃に集中してもらうようお願いしました。攻撃する場所は龍の真横で、よくオウリュウだと足元で攻撃すること多いのですが、水晶龍は足元付近で攻撃すると危険みたいです。

遠隔アタッカー(狩人)
 基本は物理系トラップの処理。余裕があれば本体も攻撃してもらいましたが、ヘイトが上がりすぎないよう気を配ってもらいました。

白魔道士
 白は一番ヘイトが上がりやすいという話を聞いていたので、ケアル4はあまり使わず5と6中心に回復をお願いしました。

黒魔道士
 黒魔道士の作業は一番多く、3つあります。弱点探し、トラップ処理、後半戦のスタン回しです。弱点は1含む、すべて付いてもらうようお願いしました。トラップは声かけあって、色を報告。後半戦のスタン回しは1~4順番を決めてもらい、撃ったら次の人にテルで報告するマクロを組んでもらいました。
 魔法弱点は比較的付きやすい弱点なので、テンポがいっぱいある状態は温存してもらうよう私が指示する予定でした。

コルセア
 突入時にパーティ入れ替えで4ロール、カオスハンター、マイザータクティックをお願いしました。突入後に切れたらマイザータクティック。物理系罠の処理もお願いしました。

詩人
 突入時にパーティ入れ替えでソウル4曲、メヌメヌマドマチにしてもらいました。突入後に切れたらメヌマド・バラバラ。

<<戦闘の流れ>>

 今回、学者がいなかったのですが、募集した方のフレに「突入前にオーラ配ってもよいよ」という方がいらっしゃったので、お願いして配ってもらいました。前衛は時間を止め、コルセアと詩人はパーティを入れ替えてもらってロール4詩4の状態で突入しました。前衛アタッカーは水晶龍の真横から攻撃、3弱点以外は削りに集中。後衛、遠隔アタッカーは1弱点含めてすべてを狙ってもらい、トラップ処理をメインに担当お願いしました。
 50%きって後半戦に突入したら、すべての技・魔法をスタンで止めるようスタン回しをしてもらい、あとは弱点狙いつつ2h使って全力で攻撃!っという流れになります。

ProvenanceWatcher_2.jpg
 実際に戦闘してみての感想なのですが・・・翼を広げさせることもできずに時間切れで敗退してしまいました・・・(´Д⊂完敗です・・・。正直そこそこは順調に戦えていた様に見えていたので・・・敗因がよくわからないのです・・・50%すら切らすことができずに時間切れなので、前衛が火力全開で戦える状況作りに失敗したことが1番の敗因だとは思うのですが・・・うーん。

 弱点がコンスタンツに付けなかったのも大きな敗因だと思います。これは運としかいいようがないのですが、魔法弱点があまりなく、5弱点も付けなかったのが厳しかったかもしれません・・・。(正確には時間切れ直前に5が付けました)。水晶戦では弱点を多く付くと敵の攻撃力・魔法攻撃力を下げれるため、また、テンポも回らないため回復が厳しくなってしまいます・・・。
 また、前衛さん2名が1弱点を含めて見ていたようなのですが(指示した内容とは違う)、弱点が全然付けない状況だったし狙ってもらった方がよかったのか、弱点全然つけなくていいいから削りに集中してもらった方がよかったのか迷ってしまい、とりあえず前衛さんの判断にまかしてしまいました。でも、今思うと削りがホント重要なので、前衛アタッカーはまったく弱点みちゃだめかもしれませんね・・・。30分ねばって50%も削れないので、削りがんばらないと・・・。

 トラップ処理については経験者さんが指示してくれてたのもあって、結構スムーズにできていたようです。トラップはすごくポンポン出現するのですが、それでもすぐ処理できていたのはすばらしかったです!あと、開幕に2名アタッカーが死んでしまったのが一番の原因というご指摘もありました・・・。最初、無敵をつかってる状況だと思うのですが、どうだめだったのか少し覚えていないのですが・・・開戦してから位置取りを素早く行うのも重要な様です。

 あと、パーティ構成なのですが、忍と赤はいなくても大丈夫だったかなぁという感じがあります。青もいなくても大丈夫かな・・・。弱点の事を考えなければ、忍赤青の枠にコルセア1名と、白1名、狩1名加えたかったかもしれませんが・・・弱点まったく付けないと難しいし・・・うーん。

 他にも思ったことはいっぱいあるのですが、書ききれない(・_・;)いろいろ書きましたが、なんだかんだで、みんなと声かけあって戦闘をするのは楽しかったです!はじめての水晶龍戦ですし、はじめての時はなんでも楽しめるような気もしますが・・・今後敗戦が続くようなことがあると・・・主催の負担はかなり厳しくなるような気がします(´Д⊂ 今回事前に、「初主催です!負けても泣かない方!」で募集したのですが・・・やるからには負けさせるつもりもなくて、参加する方も「きっと勝たせてくれるはず!」という思いで参加してくれてると思うので・・・負けさせちゃうとすごく悲しいですね・・・。でも正直・・・今のところ勝てる気がしない・・・。

 とりあえずフォーラムにも書かれている方がいましたが、負けた時は大事は消化されずに連戦できるようにしてほしいかもですね・・・。野良で1回勝負だと、メンバーの状況もわからないし、2戦目もないため修正もできません。弱点候補がすごく悪いとそれだけで終わっちゃうし・・・最後のボスなので強いのはいいのですが・・・少し修正してほしいかも・・・。

 いつか1回だけでも勝ちたいかも・・・この仕様のままだと水晶装備はあきらるしかなさそうですねっ。



ちょこっと追記
 うーー。負け日記なのに読んでくれてる人が大勢いらっしゃるみたいではずかしいです・・・(´Д⊂ この記事投稿後もいろいろとみなさんのブログ等で勉強させてもらって、最近は開幕からスタンも使って短時間決戦が主流になってきてるのかなぁっと感じます。5分、10分で倒せました!っというブログさんも見かけるので。この記事の作戦も、そんなに悪くないとは思うのですが・・・なんで半分も削ることもできずに敗退してしまったのかは・・・いまだによくわかっていません。細かい修正する箇所は思いつくのですが・・・うーん。とにかくまたやる気がでたら挑戦してきたいと思います!












-- 2012/04/23追記 --

 こんにちわ!
 4月はVW月間という感じで、野良でもいろいろなVWに参加させて頂きました!最近のVWは比較的敷居も低くなってきて、お手軽コンテンツという感じですね。装備品狙いというのも、もちろんあるのですが、VWにいっぱい参加している大きな理由がもう1つあって、アートマLVを早く上げておきたかったので連戦多めに参加してました!真輝管と交換してたらクルオ全然増えないと思うのですが、私は真輝管をすべて競売で購入して、クルオをまるまる入手する方法でクルオ稼ぎがんばりました。お金は少しかかっちゃうのですが、いっしょに入手できるヘヴィメタルなどを売ればチャラ近くまでにはなるので(赤字エリアもありますが・・・。)。私の場合、あまりアビセア乱獲なども行かず、アビセア時代で天神をいっぱい使いすぎてしまったのもあってクルオ全然もってないのですよね・・・。アビセアでクルオ稼ぎすると時間かかるし、ヴォイドストーンはいっぱいあまっているので、せっかくなら装備狙いつつ勉強しつつという感じです。

VW-Atmacite.png
 最近は、ナイトや与一など前衛で行くことも多くなってきているので、なんとか自律、威圧だけでも15にしたいと思ってがんばっていて、威圧だけはなんとか15になりました!後衛はすごくアートマ必須という感じでもないと思うのですが、前衛はアートマないとすごく厳しいですよね・・・。他にも上げたいアートマいっぱいあって、勇猛と機略はあるとすごく便利そうなのですが・・・15にするのはかなり至難な気がします・・・。

---

 話は水晶龍の話題にもどります!
 今週、初めて週1で活動している固定VW活動の方でも水晶龍に初挑戦してきましたので感想を書いてみます!私はトータルで2戦目ですねっ。ただ、今回も初挑戦の人も多く、人数も少なかったので"おためし"という感じでのりこんだのですが、思うところがいっぱいありました!

Caturae-Radiance_4.jpg
 まず、カトゥラエで初めて弓侍を経験させてもらったのですが、侠者などがあまり補充されない状況や、衰弱している状況などでは与一はやっぱし結構便利な感じがあります。ただ、南無八幡自体の命中は悪くないのですが・・・通常の遠隔攻撃の命中が、スシを食べないとすごく悪い感じがします。カレーでやる場合は飛命装備などもっと調整しないと厳しそう・・・。でも、殴り装備と、飛命装備、両方いっぱい持って行こうとするとカバンがすごいことになるんですよね・・・。でも、飛命はあまり妥協できない感じなので頭がイタイ/(T-T)\ チーリンや、アクヴァンなどなど古いNMでしか侍やってなかったのですが、最新のNMでは結構思った通りにダメージのびてくれないですね・・・。侍はもっと勉強しないとだめそうです・・・。

ProvenanceWatcher_4.jpg
 本題の水晶龍戦なのですが、人数は14名でのおためし挑戦です!やっぱし初挑戦の時は罠の色など、一度自分の目で見て覚えた方が確実ですしねっ!14名なので、パーティ構成のバランスもちょっと悪かった感じもあったのですが、なんと、10分ぐらいでハネがはえるとこまで削れちゃいました(゜▽゜;) 前回、18名で挑戦した時はハネさえ出なかったのに・・・14名でハネはやすことできちゃうとはスゴイ!すごい眠い時間での挑戦だったのにみんなのテンションもMAX(;゜ロ゜) こ、これは勝てちゃうかも!?私も初めてハネ生えたの見たので・・・ワクワクが止まりませんでしたっ!ですが・・・こんな時に限ってSS200枚で写真取れない罠が(・_・;) 急いで何枚か写真捨ててあわわあわわ・・・。たいへんな戦闘でした・・・。ここまで順調に削れたのは弱点運にめぐまれていた部分が大きかったと思います。キチンと覚えてないのですが15回ぐらいは弱点付いてたような感じでした!こちらも弓侍での参加だったのですが・・・私、あまり役にたってなかったような・・・(つд・) 近接攻撃はせず、与一だけをメインで戦うならやっぱし狩人のLV上げたほうがよさそうかも・・・。

ProvenanceWatcher_5.jpg
 後半戦に入ると弱点運に恵まれず、弱点あまり付けれなくなってしまって・・・最終的には7割ぐらい削れたとこで敗戦してしまいました・・・。でも、(固定では)初挑戦で、あそこまで削れたのがすごい!次やって18名の構成なら勝てそうなイメージがありました!

 最近は水晶龍の募集も多く、順調に勝ててる方も多いのじゃないかと思いますが、私の水晶龍との苦闘はまだまだつづきます!












-- 2012/05/19追記 --

ProvenanceWatcher_6.jpg
 この記事を最初に投稿してから、すごく日がたっちゃったのですが、2012/05/19に無事水晶龍クリアすることができました!応援メッセージなども頂いていて・・・ご心配おかけしました(つд・) 結局あれから自分で主催する気も起きなくて、フレの主催でクリアさせてもらっちゃいましたっ!

ProvenanceWatcher_7.jpg
 この日の作戦も、初めて私が挑戦した時とほとんど変わらない感じではあるのですが、しいて言えば前半からスタンも使っておもいっきり攻撃する!というだけでしょうか。全強化してのりこんでから3分ぐらいで撃破!ホントあっという間の戦闘で、罠も出現しなかったので特に書くこともありませんw
 戦利品は、5月の小バージョンアップで水晶龍のドロップ率が上がったという話だったのですが・・・シーフがいても両手棍1個だけでした・・・しぶーい。個人報酬は原木で・・す・・・(´Д⊂でもクリアすることが大目的だったわけですし、ようやくアートマ3つ付けれるようになったので、すごくうれしいです!

ProvenanceWatcher_8.png
 ヴォイドウォッチクリアのイベントもさっぱりした内容ですぐ終わってしまいました。水晶龍は報酬の種類は多いのですが、戦闘するまでの手順とパーティ作るのがすごく面倒なので、今後も率先してやることは少ないかと思います。これから水晶龍に挑戦する方もまだいらっしゃるかと思いますが、がんばってください!
スポンサーサイト
[ 2012/04/12 00:40 ] コメント(0)

コメントの投稿

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。